ABOUT

BALYET
BALYET
BALYET

「和菓子のような洋菓子」「洋菓子のような和菓子」 和菓子は日本特有の四季や暮らしを写し、日本人の感性や感覚によって育まれてきました。洋菓子は日本に伝わった文化で、日本では使われていなかったバターやクリームを独自の解釈で日本人の好みに合わせつくり変えられ、今に伝わっています。時代の流れと共に、和菓子と洋菓子の境界線はやがて曖昧になり、本質を見つめたとき、それは「日本の味」として変化し続けています。そんな時代に今まで作られてきたお菓子を作られてなかった発想で作り、そんなお菓子を「菓菓」という言葉に込め作られています。